NLPとは?

画像

日本でもどんどん広まってきているNLP。
NLPとはなんでしょうか?

NLPとは、 Neuro(神経・五感)、Linguistic(言語) Programming(プログラミング)すなわち、
神経言語プログラミングの略称となります。

また、時に、「脳の取り扱い説明書」とも言われることもある心理学の一種です。また、NLPと、コーチングやカウンセリングは混同されがちですが、コーチングやカウンセリングが、相手を最大限に伸ばす、あるいは、メンタル面の治療、という限られた状況下におけるスキル、であるのに対し、NLPは、より基本的な、それらのスキルを十分に使いこなすための、「思考方法や行動パターン」を学ぶものです。

NLPがよく、「学び方を学ぶ」ものだといわれるのはそのためです。
NLPの歴史は1970年代当時のアメリカにさかのぼります。そもそもは、言語学者であった、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーらが、セラピーの分野で天才といわれていた3人の専門家の治療方法を研究、分析したことから始まります。

ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・エリクソンの治療を研究、分析し、その手法を体系化したものが、元祖NLPです。そして、NLPは1970年代初頭のアメリカで、ベトナム帰還兵やその家族の抱える問題の対処に広く用いられました。患者自身の治癒力や病気への向き合い方を高めることで、様々な症状の改善がみられたといわれています。

このような背景から、NLPはあっという間にアメリカで広まり、その後世界のセラピストの間で認められ用いられていくようになりました。その後、様々な分野、シチュエーションで応用され、時とともに、研究が進んできました。

NLPは、想像力(イマジネーション)、コミュニケーション力、目標設定力の3つの力を中心に構成されており、現代では、医療や心理学分野はもちろんのこと、ビジネス、スポーツ、教育の分野で幅広く使用されており、著名なテニスプレーヤーや政治家、コンサルタントなどがNLPを習得し自分の行動にとりいれています。

口コミで選ばれた!NLPスクール総合ランキング
口コミで選ばれた!NLPスクール総合ランキング

TOPへ戻る